一般的な葬儀の流れ

一般的な葬儀の流れ

ここでは一般的な葬儀の流れについてご紹介します。臨終から出棺までの仏式の葬儀の一例として参考にしてみて下さい。ただし、地域によってしきたりや慣習が異なりますので、詳しくは依頼する葬儀社に確認してみましょう。

●臨終直後
すでに葬儀社を決めてある場合は第一報を入れることで、その後の流れがスムーズになります。

●末期の水
末期の水は、病院から自宅に帰ってから行うことがほとんどですが、新しい筆の穂先か割り箸の先にガーゼや脱脂綿を白糸で巻き付け、茶碗などに入れたお水にひたして故人の唇をぬらすようにします。

●身内への連絡
肉親や特別な関係の方には、とりあえずこの段階でお知らせを入れておきます。

●死亡診断書
死亡診断書は、以後の諸手続きに必要となります。ご自宅で亡くなった場合は、医師と警察による死亡の確認が必要です。


おすすめの葬儀社はそれだけレビューや評価が高くなっているので、実際に葬儀社を利用した人の声を聴くのが一番です。


●ご遺体の移送

●枕飾り(ご遺体の安置)

●寺院への連絡
ご僧侶に枕経のお願いをしておきます。宗旨や宗派、所属寺院が分からない方は、この時点で確認をしておきましょう。通夜、葬儀、お骨上げ、初七日などのスケジュールなどを確認し、ご僧侶には戒名、法名をお願いしておきましょう。また、お通夜、葬儀のご僧侶の人数や送迎、食事などについても打ち合わせをしておきます。 火葬場のお勤めの確認

●神棚封じ
神棚がある場合は、戸を閉め白紙ではります。絵画や額、置物などの装飾品があれば取り外し、表には忌中紙を張ります。

●葬儀内容の決定
はじめに喪主を決めます。次に、お通夜と葬儀の日時、式場、葬儀の規模と予算を決定します。次に、世話役や主な係りを決めます 故人の遺言書などは、有無の確認遺言状の保管状況によっては、その時に開封できない場合がありますので注意が必要です。故人が希望する葬儀スタイルがある場合は、できるだけ故人の希望を尊重し、それに沿って葬儀を行いましょう。故人が散骨を望んでいたのであれば、ご遺族の方は「せめて家族葬だけでも」というお気持ちであったとしても、故人の希望を尊重することが弔いだと考えた方がいいでしょう。


しかし、なかなか簡単には情報が入ってこないものですので、ネットでの評判を見てみるのも便利な探し方になります。
誰もが通る道ですが、いざと言う時に慌てないためにも葬儀社の選び方を知っておくことで、失敗のない選び方が出来るようになるでしょう。

 

Calendar