通夜振る舞いと精進落とし

通夜振る舞いと精進落とし

お通夜と葬儀の席では、必ずご会葬いただいた方々への感謝の気持ちと、故人との最後のお別れをしていただくため、「通夜振る舞い」と「精進落とし」という席を設けます。

まずは、お通夜の流れについて簡単に見ておきましょう。仏式によるお通夜は、ご僧侶様をお迎えするところから始まります。ご僧侶のことは「導師」とお呼びします。導師が到着されましたら、参列者は葬儀社の担当者からの指示に従い、会場に集まって導師の入場を待ちます。

この時の座る順番ですが、祭壇に向い右側に喪主、ご遺族、近親者、ご親戚となります。左側にはご僧侶、葬儀委員長、世話役、故人の先輩、恩人、会社関係者、知人の順で座ります。故人が会社員の場合、上司は上座にご案内します。

導師が入場し、一同が着席すると読経が始まります。読経が行われている間に、喪主を先頭に親族⇒一般参列者の順でご焼香を行います。ご自宅など会場が狭い場合は、その場に座ったまま回し焼香でもかまいません。

ご焼香は喪主から始めるのが一般的ですが、社葬など特別なケースでは、葬儀委員長から始めるのが習わしとなっています。 読経⇒焼香⇒説法という流れで儀式が終わると導師が退場されますので、喪主の方はご会葬者の方々に挨拶をして通夜を終えます。


お勧めします葬儀社の選び方を知ってから検討しましょう


こうして通夜の式が無事に終わりましたら、弔問客や世話役などに夜食やお酒を飲んでいただき「通夜振る舞い」とします。通夜振る舞いで勧められたご会葬者は、一口でも食べるのが故人への供養とされています。 一方、精進落しは告別式の後に行われる宴の席です。通夜振る舞い同様、こちらの方もきちんとお手伝いの方を頼んだりと段取りをきちんと行ったりしておきましょう。

ご近所の方々がお手伝い役をして下さる場合には、勝手が分からないはずですから、身内の者が少なくとも一人はその場にいるようにしましょう。 こうした宴の席では、お忙しい中、来て下さった方々への感謝の気持ちを忘れないことが大切です。また、お手伝いを頼まれた方は、分からないことなどがあれば、年長者で経験豊富な方や葬儀社の方に聞くようにして下さい。自己判断で大きなミスにつながらないよう注意が必要です。


いざと言う時に備えて、葬儀社の選び方を知っておく必要があります。
ただやみくもに複数ある葬儀社から絞り込んでいくのは、なかなか決めづらくなってしまうものです。
お勧めします葬儀社の選び方を知ってから検討しましょう。

Calendar