葬儀の打合せ

葬儀の打合せ

葬儀の打ち合わせは、葬儀社任せにしないようしっかりと行う必要があり、近親者の集まる通夜のときに行うのがよいでしょう。打ち合わせで決めておかなければならないことは、以下の通りたくさんあります。

葬儀会場は大き目を選ぶとよいでしょう。生前の交友関係はあなたの想像以上な場合が多いです。

●喪主、葬儀委員長を決める
喪主、葬儀委員長を決めます。以前は故人のご長男が喪主となることがほとんどでしたが、最近では故人の夫や妻が喪主を務めるとのが一般的になりつつあります。葬儀委員長は地元の自治会長や故人が現役の会社員であれば、会社関係のしかるべき方にお願いした方がいいでしょう。

●告別式の日取りとその準備
次に告別式の日取りを決めることで、葬儀社側は祭壇などを用意をします。もしも自宅で告別式を執り行うのであれば、どの部屋にするかを決め、祭壇を飾れるよう部屋を片づけます。それと同時に祭壇に飾る遺影の写真を選んだり、通夜・葬儀に必要な物を揃えたりするようにします。こうした品は葬儀社の方に尋ねるなどしたほうが迅速です。

●式の確認
次に式次第を確認します。席順は通夜の時と同じになります。供物や供花の置き場所は、故人とのお付き合いの程度により決めて下さい。重要なものほど棺の近くに置きます。花輪は入り口に近いほど、参列者に深い印象を残します。

●役割分担
通夜の時と同様、葬儀の際の役割分担も決めておきます。喪主をはじめ喪家の方は当日葬儀のお手伝いはできませんので、親戚など近親者にお願いしておきましょう。受付や案内、荷物係、留守番など必要な人数を把握し、葬儀当日の役割をきちんとお伝えしていて下さい。

●弔辞・弔電
弔辞の依頼は前もってしかるべき方にお願いしておきます。その方が間違いなくおいでになれるのか、もしもお見えになれない時には誰に頼むのかもしっかり確認を取っておきます。読み上げる弔電は故人の生前のお付き合いの程度や、会社での仕事や地位によっても異なります。弔電をたくさんいただいたからといってあまり多く読んでも意味がありませんので、せいぜい5つか6つに絞って下さい。

大は小を兼ねる。と言いますが、万が一会葬者の人数が多くなってしまった場合、どうにもなりません。
少し大きめな式場を選んでおけば、もしもの時に、安心できると思います。

Calendar