任意売却をすると引越し費用が出る

任意売却をすると引越し費用が出る

マイホームの住宅ローンが返済できないとなれば、そのマイホームを手放さなければなりません。
住宅ローンを組んでいるとき、住宅を担保にしてローンを組んでいるわけですから、それは仕方ないところではあります。 担保に取られてしまったマイホーム、金融機関側がこれを強制的に売却しようとなりますと、それは競売となります。
しかし、競売だけが住宅ローンの解決方法ではありません。 任意売却という方法もあるのです。 任意売却には、競売にはないメリットというのがあります。
それは、引越し代が出る場合が多いということです。 任意売却にしろ競売にしろ、マイホームから引越しをしなければなりません。 その引越し費用というのも結構馬鹿になりません。
競売の場合ですと、引越し費用も自己負担となりますが、任意売却の場合は買主が負担してくれることが多いです。 これによって、任意売却の売主に関する負担も少し、いや、かなり軽減されるといっても過言ではないでしょう。
任意売却はお得なのです。


金融機関などの担保権者が任意売却を選択する理由

住宅ローンを融資するため銀行などの金融機関は購入住宅に担保権を設定することになりますが、もし住宅ローンの返済ができなくなった場合は担保を取った住宅を売却して回収することになりますが。
そして金融機関が住宅を売却する方法として任意売却の方法ですることが多いです。 任意売却とは競売にように裁判所を介さないで、住宅の所有者と担保権者で売買価格などを話し合いで決定して、住宅を売却することを言います。
なぜ金融機関などの担保権者が任意売却を選択するのかというとまず競売に比べて任意売却のほうが高い値段で売却をすることができるからです。 そのため担保権者は債権全部を回収することはできないにしろ、競売よりも多くの債権を回収することができます。
また競売よりも任意売却のほうが手続きが迅速に進むので、より早く債権を回収することができ、そのお金を他のことに利用することができるからです。
任意売却を利用すると担保権者には競売に比べていろいろなメリットがあるので多く利用されています。

【神奈川県(横浜市)】
任意売却 鶴見区/ 任意売却 神奈川区/ 任意売却 西区/ 任意売却 中区/ 任意売却 南区/ 任意売却 港南区/ 任意売却 保土ヶ谷区/ 任意売却 旭区/ 任意売却 磯子区/ 任意売却 金沢区
任意売却 港北区/ 任意売却 緑区/ 任意売却 青葉区/ 任意売却 都筑区/ 任意売却 栄区/ 任意売却 泉区/ 任意売却 瀬谷区/ 任意売却 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
任意売却 川崎区/ 任意売却 幸区/ 任意売却 中原区/ 任意売却 高津区/ 任意売却 宮前区/ 任意売却 多摩区/ 任意売却 麻生区

Calendar