お経の代わりに無宗教葬を行うことが話題になっています

お経の代わりに無宗教葬を行うことが話題になっています

最近、お経の代わりに無宗教葬を行うことが話題になっているそうです。

お葬式は形にとらわれないものが大変人気になっている中において、無宗教葬の無宗教葬においては、生演奏によって利用される方のご要望に応じた無宗教葬を提案しているようなところもあるそうです。

無宗教葬としての無宗教葬においては、神式・キリスト教葬・仏式などで供花を行う代わりに「献奏」ということでも対応を行っているそうです。

ご家族さまとの思い出になるような曲や故人さまが生前お好きだったような曲など、ご利用される方のお考えやご要望に応じて生演奏を行いますということです。

無宗教葬の無宗教葬に興味があるような方は、無宗教葬について一度気軽に問い合わせてみることをおすすめします。


葬儀社の選び方は事前に行うことをお勧めします。その日のために慌てないようにしましょう。


徐々に広がりつつある無宗教葬

無宗教葬というと有名ミュージシャンのお葬式を思い浮かべますが、近年はそうでもないようです。一般の人々の間にも、無宗教葬が広がっています。

無宗教葬をおこなういちばん簡単な方法は、葬儀会社にやってもらうことです。今では、無宗教葬に対応している業者が多いのです。業者に頼めば段取りはすべて行ってくれますし、音楽の選曲もやってくれます。もちろん遺族の方で選曲することもできます。音源を渡すという方法もありますし、○○という作曲家の曲をかけてくれ、という頼み方もあります。

家がお寺の檀家になっていて、仏式葬儀にする必要がある場合もあるでしょう。この場合でも、無宗教葬にできます。ただし業者によっては扱っていませんので、問い合わせてみましょう。


その日は急にやってきますね。なにも考えず臨終を迎えてしまうと病院の勧めや良く聞く葬儀社に遺族がお願いするようになってしまいます。 自分の思い描く葬儀がしたいならば、あらかじめ葬儀社を選んでおくことをお勧めします。その際見学はもちろん、葬儀に関して専門的知識があるか、価格はいくらかはっきり教えてくれるか、自分の希望をかなえてくれるか、といったことを見るようにしましょう。また、担当する人によっても違いますのでいい葬儀社の選び方はそこで働いている社員にも注目すると良いでしょう。


 

Calendar