近年の通夜振る舞いの傾向

近年の通夜振る舞いの傾向

「通夜振る舞い」とは、駆けつけてくれた弔問客への感謝の気持ちを表すものとして、飲食を振る舞うものとする考え方が一般的です。
また、死者への供養の意味合いや、故人が結ぶご縁の場としてもその文化が浸透していますね。
また通夜振る舞いは「お清め」とも言われており、人の死を穢れとし、飲食をすることで穢れを置いていくという意味があると言われています。

最近では、会場の都合や規模の縮小傾向などから、飲食は出さずにお茶菓子程度ですませたり、お食事券などですませることも多くなってきたようです。
これには、地域による違いも大きいようです。

本来は戒律から、肉や魚を用いずに精進料理をお出しするのが正しい振る舞いとなりますが、現代ではあまり気にする方はいらっしゃらないようです。
お寿司や大皿料理に、ビールや日本酒などが振る舞われます。

ご遺族にとっては、メニューや用意する量などで悩ましい課題となりますね。
少し、お高めではありますが、葬送用の仕出しもありますので、葬儀社に相談してみるのも良いかもしれません。
時間は1~2時間程度が普通ですので、それなりのボリュームとなります。

弔問客の予想人数のおよそ5~7割り程度の人数分を用意しておくと良いでしょう。
途中で足りなくなると、買出しが大変ですから・・・

通夜振る舞いでは、遺族が弔問客の席をまわり、酒を注ぎながら弔問の御礼をするのが一般的ですが、その際には、故人の在りし日のことなどを多く聞くことができ、遺族にとっても良い機会となります。
また、故人から話は聞いていても、実際にはお会いしたことのなかった方との対面や、疎遠になっていた方との再会など、故人の死がご縁の場となるのは、日本の文化ともい言える慣わしです。

自宅で行う場合などは、深夜にまで及ぶこともありますが、翌日には葬儀、告別式を控えていますし、また遺族には故人を夜通しお守りするという役目も残っていますので、ほどほどにしてお開きとするのが良いでしょう。

■ 横浜、川崎の家族葬
       
       
       
       
       
       
       

Calendar