弔問お礼の挨拶例

弔問お礼の挨拶例

故人の死によって初めてお会いできた方、または思わぬ再会・・・
こういった方たちから、故人の思わぬ一面や生前の仕事ぶりなどを聞ける良い場となるのが「通夜振る舞い」です。
ご遺族の悲しみを少し和らげてくれるのもこの宴の良いところだろうと思います。

通夜振る舞いでのご遺族のさまざまなご負担は決して小さいくはありませんが、故人を偲び、共に故人の話題で酒を酌み交わすことは、最高の供養ではないでしょうか。

さて、このような宴を準備した場合、喪主は通夜の弔問客に向かい、弔問のお礼とともに宴へのお誘いの挨拶をします。

・通夜振る舞い前の挨拶例
本日はご多忙中にもかかわらず、亡き○○のためにお通夜のご焼香を賜り、まことにありがとうございました。
皆様の温かいお心づかいに、○○もさぞ喜んでいることでございましょう。

なお別室に粗宴をご用意させていただいております。
まことに恐縮ではございますが、今しばらくのお付き合いをいただき、個人の在りし日のことなどをお聞かせいただけますと幸いに存じます。

葬儀・告別式につきましては、明日○○日、○○時より、○○にて執り行う予定でございます。
お時間のご都合がよろしければ、私どもと○○を見送ってやって下さいませ。

本日はまことにありがとうございました。

このように、弔問のお礼と、葬儀の案内、そして通夜振る舞いへのお誘いを挨拶のなかに含めます。
厳粛な儀式を終えたところですので、手短な挨拶程度でまとめ、間違っても重苦しい挨拶にならないようにしておくと良いでしょう。

念の為に申し上げますと、いわゆる葬送における忌み言葉、「追って」、「重ねて」、「度々」、「更に」、「くれぐれも」などは厳禁ですのでご注意下さい。

なかには、ご遺族への配慮をとの思いから、振る舞いを受けるのを辞退され、お帰りになる方もいますが、ご挨拶があった際には、
「○○の供養にもなりますのでお一口だけでも」

【公営斎場プランがご利用になれる地域】
■ 東京都下の家族葬

 

Calendar