お通夜時の遺族の服装

お通夜時の遺族の服装

お通夜の際の喪主、ご遺族の服装に変化が出てきました。

以前は、お通夜の席ならご遺族も平服で良いとされていたのですが、近年では喪服が望ましいとされています。

この背景には、弔問客の服装の変化があります。
弔問の際の服装は、平服(普段着のことではない)で良いとされていますが、弔問客が喪服を着用して訪れることが多くなってきたのです。

その為、ご遺族も正装(喪服)で弔問を受けるようになってきたのです。

私も祖父の通夜では喪服を着用するように言われ、喪服に着替えたのですが、タンスやソファーなどの家具の移動に駆りだされ、汗だく&ホコリまみれになってしまったことがあります。
お通夜前は何かとバタバタしますので、ギリギリに着替えるのが良いかもしれませんね。



後悔しない葬儀社の選び方は下調べをしましょう。事前に決めておくことをお勧めします。


さて、喪服着用の際の注意点です。
男性の洋装の際は、黒のフォーマルスーツ、白のワイシャツ、黒のネクタイ、黒の靴下で結婚指輪以外の指輪をはずし、光るベルトやアクセサリーなどをはずすようにします。

男性の和装の際は、羽二重などの黒無地染め抜き5つ紋付の着物と羽織、仙台平の袴、帯は角帯を着用するのが一般的ですね。

女性の洋装の際は、黒のフォーマルスーツか、黒のワンピースを着用し、肌の露出をできるだけ控えめになるようにします。ノースリーブのものはNGと覚えておいたほうが良いでしょう。

バッグや靴については、派手でなくあまり光沢のない黒色などで統一します。
結婚指輪以外の指輪ははずし、アクセサリーは真珠の一連のネックレス程度にしておくのが良いでしょう。
2連のネックレスは、「重なる」を連想させるために、弔事では絶対タブーとされていますので注意が必要です。

女性の和装の場合は、黒無地染め抜き五つ紋付の着物に、黒無地の袋帯・帯揚げ・帯締め・草履となります。足袋だけは白で構いませんが、髪飾りや帯止めはつけません。

子供たち(中学生や高校生)は制服が正装となります。
制服がない場合には、黒やダーク系の洋服をで良いでしょう。
その際の靴は黒、靴下は白色をはかせます。


葬儀社の選び方は悩むところですが、生前に決めておかないと後で遺族が苦労したり、自分の意と反した形の葬儀になってしまったりします。 そのため、葬儀社は生前に自分で決めることをお勧めします。良い葬儀社は自分の思い描く葬儀にどれだけ近付けるか、追加料金なしでどのくらいの値段になるのか、どういったサービスをしてくれるのかということをしっかり伝えてくれます。資料を取り寄せるだけでなく、実際に葬儀社に行ききちんと話しをするようにしましょう。


 

Calendar