法事での遺族の心得

法事での遺族の心得

四十九日が終わっても、遺族としては忌明けから一周忌までに法事があります。そして、それ以後は「法要」という形で、死者や先祖を供養します。仏壇に手を合わせることやお墓参りも、こうした供養のひとつとなります。ここでは、法事の際のご遺族の心得についてまとめてあります。

四十九日から一周忌までの法事として、百日目を迎えるまでは特に大きな法要は行いません。百カ日法要には、近親者や友人、知人、ご僧侶を招いての法要を行いますが、最近では内輪ですませる方も増えています。百カ日法要の次は一周忌になります。 また、毎月、故人が亡くなった日を「禿日と呼び命日となりますが、この日は仏壇にお花を供えたり、お供物を供えたりします。


葬儀社の選び方はインターネットをお勧めします。見学しましょう。


1. 法要の時の遺族の服装
初七日から三回忌までの法事では、男女とも正式喪服が一般的です。

2. 僧侶へのもてなし
初七日、七七日のような大きな法要と内輪だけでの法要とでは、ご僧侶への謝礼の金顎も当然異なります。また、地域によっても違ってきます。御経料だけでなく、ご僧侶にお渡しする「御車料」や「御膳料」などの表書きも「御布施」として大丈夫です。

春、秋のお彼岸は、布施・持戒・忍辱などの六波羅密を実践しようとする心を、春分・秋分の日をはさんで一週問持ち、つとめる期間となります。そうすることでご先祖様への供義となります。 新盆には、ご僧侶に読経を頼みます。このシーズンはご僧侶がもっともお忙しい時期ですので、お願いする場合は早めに依頼しておくよう心がけて下さい。 新盆の際には、仏壇の前に精霊棚を設けます。初物の農作物でつくったお供物を飾り、精進料理で供養膳を盛ってお供えします。故人の好物なども供えてもいいでしょう。 お盆の期間中、仏壇のそばとか軒先などに提灯や新盆灯籠を飾るのは、精霊に自分の家を教えるためだとされています。この時の提灯は、新盆を迎える家でととのえたり、親戚知人などから贈られたりします。 通常、7月13日がお盆の入りとなりますが、お盆明けの16日までの4日間がお盆となります。お盆の最初の日にお墓参りをし、墓地を清め、お線香やお団子、野菜や果物などを供えてお参りをします。


身内に不幸があり葬儀を行う時、難しいのが葬儀社の選び方です。お得になる方法をお教えしましょう。 それは、相見積りを取ると言う事です。葬儀は時間との戦いになってしまうので、リフォームなどと違い見積を取っている時間がないという事もあるかも知れませんが、安い金額ではないのでしっかりと見積を出してもらう事をお勧めします。 また複数社にお願いすることで、価格を抑える事や不要な要素を見極める事が可能になります。 葬儀の時は、出来るだけ相見積を取るようにしましょう。


 

Calendar