追善供養について

追善供養について

故人を亡くされたご遺族にとって、葬儀を終えても悲しみは癒えませんが、葬儀の後も7日ごとの追善供養があります。

仏式では、人間が亡くなってから7週間は「中陰」といって、死者が現世と冥土の間をさまよっていると言われています。これが四十九日です。四十九日の間、死者は7日ごとに7回の裁判を受けることとなります。その裁判の結果、行く先が決まるというわけです。ですから、その間に7日ごとに供養するということは、死者の霊が無事に極楽浄土に行き成仏できるよう願う意味があります。

法要には、大きく初七日から四十九日の間に行われる7日ごとの法要と、それ以後に分けることができます。 こうして四十九日の中陰期間、裁判の結果を待ってさまよっていた死者も、その後はそれぞれの世界を歩きはじめることとなります。


葬儀社の選び方はインターネットをお勧めします 見学しましょう


供養のお経は、その歩みに対する激励の意味もあります。 中陰期間とは、初七日、二七日(十四日目)、三七日(二十一日目)、四七日(十八日目)、五七日(三十五日目)、六七日(四十二日目)、七七日(四十九日目)となり、それぞれに法事を執り行います。こうして中陰は四十九日で終わりとなります。その日を「満申陰」と呼び、これで「忌明け」となります。

初七日の法事についてご説明しますと、執り行うのは実際には葬儀の3~4日後になります。ただし、最近では遠くから来ていただいた近親者の方などのことを考慮し、葬儀の日に、骨上げから帰った後で行うことが多くなりました。祭壇に「遺骨」「遺影」「花」を飾り、ご僧侶にお経をあげてもらいます。その後に、参会してもらった近親者や知人などに食事をしていただきながら、故人の思い出話をしながら供養をします。

初七日をはじめ、最近では亡くなった日から7日ごとの法要は、ご僧侶を呼ばずご遺族だけで供養する傾向になりました。初七日を終えたニ七日から六七日までの法事は、宗派により五七日(三十五日)を忌明けとし、ご僧侶をお呼びし、親戚縁者や知人を招いての法要を行う場合もあります。通常、四十九日の法事は、親戚縁者や親しい知人などを招き、ご僧侶を呼び法要を行い、その後に納骨式を行い忌明けの宴を催します。

忌明けを迎えたら、葬儀に来ていただいた方やお香典、お供物をいただいた方たちに、挨拶状と香典返しを送る手配をして下さい。形見分けをする場合も、この日を目安にするといいでしょう。この日から、位牌を仏壇にうつし、お水やご飯、故人が生前好きだった食べ物などをお供えしましょう。


葬儀社の選び方で一番効率がいいのはインターネットを使うことです。忙しい時でも手軽に閲覧できるのでお勧めします。また、料金プランも確認しやすく、家族や親戚と一緒に考えることも可能です。しかし、実際に見てみなくては分からないこともたくさんあるので、一番気に入った葬儀社は見学するようにしましょう。公式サイトには載っていなかったような情報が手に入るかもしれません。納得の出来るような葬儀になるようにしましょう。


 

Calendar