後飾りについて

後飾りについて

後飾りとは、火葬をし骨上げ後、遺骨を一度ご自宅持ち帰った後、埋葬の日もしくは四十九日の忌明けまで安置する祭壇のことで「中陰壇」とも呼ばれています。

また、お通夜や告別式に参列できなかった方が、忌明けまでに弔問にみえる場合も、この祭壇にお参りしていただきます。 後飾りは、小祭壇の上に「遺影」「花」「線香」「供物」「燭台」などを飾り、火葬場からご遺骨とご位牌が戻ってきましたら、この上に安置します。 後飾りの祭壇は2段か3段が一般的です。小机や箱などに白い布をかぶせ祭壇を作ります。最近では、葬儀社で祭壇を用意するケースも多くなっています。仏壇がある場合は、仏壇の前に安置し、仏壇がない場合は適当な部屋の北か西に安置するのがしきたりとなっています。 祭壇には忌明けまで毎日灯明をともします。ご焼香し故人の冥福を祈りましょう。また、この期間に訪れて下さるクリスチャンの弔問客にも、ここで礼拝してもらうようにするとよいでしょう。


お勧めします葬儀社の選び方は評価を参考にしましょう


各宗派の後飾りについて以下の通りとなります。

●仏式の後飾り
白い布をかけた2段から3段の祭壇、骨上げの後三具足、供物を供えます。

●神式の後飾り
忌明けの五十日祭くらいまで遺骨を安置します。

●キリスト教式の後飾り
納骨の日まで遺影と十字架と飾り花などを漂えます。

ここで「還骨勤行(かんこつごんぎょう)」についてご説明しておきます。還骨勤行とは、火葬場からご遺骨をお迎えする儀式のことです。後飾りの祭壇にご遺族、ご会葬者が集まり、ご僧侶様を迎えしてお経を上げてもらいます。この時、読経中にご僧侶様より指示がありましたら、喪主から順番にすべての方がご焼香を行い、故人のご冥福をお祈りします。通常、還骨勤行はご僧侶様に火葬場までご同行してもらった場合に行います。ただし、最近ではこの儀式を省略することが多く、還骨勤行が「初七日」の法要を兼ねてしまうケースも少なくありません。もちろん、一部の地域では従来通りの日程で初七日の供養を行っています。


葬儀社は、規模の大きさに関わらずたくさんあるために、実際にどこを選んで良いものか分かりづらい方も少なくありません。 そのためにも、お勧めします葬儀社の選び方は、実際に利用した方の評価を参考にしましょう。 スタッフの納棺の際の対応、葬儀での進行の具合、火葬場への手配など葬儀には順を追って流れを追っていくべきことがたくさんあります。 実際に、葬儀を行った方でしか知りえない評価もあるので、それを参考にするのは大いに役立ちますのでお勧めします。


 

Calendar